公共施設運営

指定管理者として、公の施設の
さらなる魅力向上に努めます。

サントリーホールやサントリー美術館でつちかったノウハウを活かし、全国19の公の施設で、指定管理者として運営をお任せいただいています。
「地域と一緒に、にぎわいをつくり出す」 、「“また利用したい”と思っていただく」ということを目指し、地域の方々の豊かな生活や幸せ(=ハピネス)をサポートします。

指定管理の代表企業をお任せいただいています

2003年に施行された指定管理者制度に、民間企業としていち早く参入しました。
現在、全国11のコンサートホールや美術館において、指定管理者の代表企業として、施設全体の管理運営をとりまとめる責任者の役割を果たしています。

地域との連携を大切にしています

地域とのネットワークを大切にし、自治体や地元企業・団体との協力体制を迅速につくり上げます。
施設のミッションを理解し、それに沿った安定した運営に努め、地域の方との信頼を醸成します。

主要実績

コンサート・イベント企画

地域と一緒に、にぎわいをつくり出します。

地域の特性を把握して、イベント企画につなげます
コンサートやイベントの企画にあたり、アンケートやグループインタビューなどをおこない、お客様の傾向やニーズを把握しています。 その上で、地域の特性に合わせた多彩なイベントを企画・運営しています。
地域と連携し、文化育成に力を入れています
アウトリーチ事業や市民参加型イベントなど、地域に密着したイベントも積極的に企画し、文化育成のサポートに努めています。

主要実績 ホール・文化センターの主催公演

PAGE TOP

広報・集客

施設の魅力を発信して、にぎわいを創出します。

施設の魅力を積極的に発信します
施設の話題が目に触れ、耳に入ることが、来館のきっかけづくりには大切です。
ニュースとして新聞やテレビに取り上げていただくことのほか、ホームページ、ソーシャルネットワークといったインターネットメディアも活用し、新しい情報を常に発信し続けます。
気軽にご来場いただくきっかけを作ります
お客様に継続してご利用いただくためには、「行きたい」という気持ちになっていただくことが重要です。
無料のロビーコンサートなどの集客イベントを実施して、気軽に来場していただくことを目指しています。
集客イベントで賑わいを創出

当社が指定管理者として運営する県立美術館では、集客イベントを企画・運営しています。
漫画家に焦点をあてた展覧会の際には、ロビーをステージ代わりにしてアニメソングを演奏するコンサートをおこないました。 また、行楽シーズンには、缶バッヂ・エコバッグ作りの体験型ワークショップをおこなう無料開放デーを設け、あわせて館内外のご案内ツアーを実施しました。 さまざまな試みで、高いと感じられがちな美術館の敷居を低くし、来場者増につなげています。

「美術館に来れば、何か楽しいことがある・・・。」作品を鑑賞するだけではない、美術館の楽しみ方を提供しています。

ロビーコンサート
缶バッヂ作り体験ワークショップ
山梨県立美術館 ミレー館展示室

PAGE TOP

お客様サービス

face to faceのコミュニケーションで、
施設と地域をつなぎます。

お客様のお声に寄り添い、
サービスを充実させます
公の施設の受付窓口には、日々さまざまなお客様がご来館されます。私たちはそこで、施設の貸出し、ご利用案内、チケット販売などの業務をおこなっています。
窓口で、お客様と接することは、公の施設運営の大切な業務です。そこから、お客様のニーズを積極的にくみ取り、利便性を高める提案をしています。
そこで働くことを誇りに思う気持ちが、
サービスに大きく影響します
サービスのプロとしての自信を持ち、施設に精通したスタッフが揃っていることが、利用者様のご満足につながります。
そのために、スタッフの育成に力を入れ、「また利用したい」と思っていただくことを目指しています。
図書館コンシェルジュ

千代田図書館では、司書とは別のお客様サービススタッフを「図書館コンシェルジュ」と名付け、施設周辺の飲食店や古書店情報など、施設の外の情報を、積極的に利用者様に発信しています。
このようなサービスの提供は、公の施設にこれまでにない魅力を与えています。

施設周辺の情報をまとめたファイル
コンシェルジュによる古書店ガイドツアー

PAGE TOP